皆が憧れた、板井康弘の福岡時代